緊急性の中用量ピルは、頭痛や吐き気など副作用もある

妊娠を望まない女性に取って、確実に避妊ができるということは、とても意味あることで、異性とのお付き合いを不安なく楽しむためにも、是非、自分もそうしたいと、興味を持つ方も少なくないでしょう。
コンドームによる避妊法は、男性側に全面的に自分の身を委ねなければならないリスクがあるので、ピルを服用して、妊娠しない身体に整えておく方が安心です。
望まない妊娠をしてしまった場合、産むのか産まないのか、人生をも大きく揺るがしかねない決断を、早期に判断しなければならず、精神的、肉体的なストレスは想像を絶します。
妊娠を継続させ出産を目指すのであれば、周囲の環境も直ちに整えなければならず、自分一人だけで何とかできる問題ではありません。
このような窮地に立たされないようにするためにも、是非、ピルを服用して、自分の身体は自分でしっかりと管理できるようにしておきましょう。
しかし、このような対策を取る前に、万が一、避妊に失敗してしまったかもしれない、という時には、是非、緊急性の避妊用の中用量ピルを服用しましょう。
この場合に服用するピルは、毎日服用する低用量と違い、ホルモン量もかなり含まれているので、頭痛や腹痛、そして吐き気など、強い副作用が生じてしまいます。
しかし、膣内で射精後72時間以内に服用すれば、妊娠を回避できる可能性もあるので、諦めず試して見るべきです。
ただ、緊急用のピルを処方しているクリニックは、日本では限られているので、あらかじめ調べておくか、ネット通販などで自分で用意しておくかしないと、72時間とは言え、時間がたてばたつほど避妊成功率は落ちていってしまいます。
大人の女性として、こういった知識も習得しておくべきなのではないでしょうか。