ピルのメカニズム

ピルが妊娠を避けることが出来るというのはよく知られていることですが、そのメカニズムについてしっかり把握できているという人はそこまで多くありません。
ではそのメカニズムとしてはどういったことが挙げられるのかというと、重要なのはピルに含まれているエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンです。
この二つのホルモンは女性の生理と密接にかかわっているのですが、これらのホルモンがピルという形で女性の体の中に入ると脳の下垂体と呼ばれる部分に作用して黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンという二つのホルモンの分泌を抑制します。
これらのホルモンの分泌が抑制されると女性の体は「現在この体は妊娠をしているから排卵をする必要はない」と判断しますから排卵が発生しなくなるのです。
言うまでも無いことですが妊娠をするには排卵が必要不可欠となっていますから、その排卵が起こらなくなることで避妊が出来るということになるわけです。
時折「ピルを飲んでいても妊娠することがある」と言われることもあるのですが、これは実際のところ理屈の上ではほぼあり得ない話です。
体質的にピルの効果が薄いなどのことはあり得ないわけではありませんし、もしそうであったのであればピルを服用していても妊娠する可能性はあります。
ただメカニズムとしては排卵が止まるようになっているわけですから理屈の上では妊娠することはないはずなのです。
実際のところピルを飲んでいて妊娠したという人は飲み忘れなどのミスがあったというのが原因になっていますから、少なくとも適切に飲んでいれば十分に避妊の役割を果たしてくれるのは間違いありません。
もちろん飲むのをやめれば体は妊娠状態では無いと判断して排卵は再開されますから、状況に応じて利用を検討してみると良いでしょう。