低用量ピルの錠剤のイメージ

ピルにも様々な種類がありますが、中でも低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンが入っています。
これらのホルモンが体の中に入ってくると女性の体は丁度妊娠中の状態に似たホルモンバランスに変化しますから、これによって排卵を止めて避妊の役割が果たされる形になります。
人の体は妊娠しているかどうかをホルモンバランスの変化で判断していますから、女性ホルモンを経口摂取することで疑似的に妊娠中と同じ状態を作るわけです。
もちろんこれはピルを飲んでいる間だけのことであり、飲むのを中断した場合にはまた排卵が起きるようになりますから心配ありません。
ただこうした変化と同時に、ホルモンバランスの変化によって引き起こされる悪い変化というものもあります。
例えば妊娠中は精神的な落ち込みや吐き気といった症状が出ることが多いですが、ピルを服用中は疑似的に妊娠と同じ状態になるわけですからこうした症状が出ることもあります。
加えホルモンバランスの急激な変化によって不正出血が発生することもありますし、体が妊娠・出産に向けた準備に入るため乳房が張る、痛みを感じると言ったこともあるでしょう。
しかしこうした変化よりも注意が必要なのは、ピルに含まれるエストロゲンには血液を固める作用があるというところです。
血液が血管の中で固まってしまった場合には決戦症という病気が引き起こされることになり、それが心臓で発生した場合には心筋梗塞、脳で発生した場合には脳梗塞という重大な病気になります。
そのため喫煙習慣がある人や過去に血栓症を引き起こしたことがある人などであれば、ピルの服用は避けるようにしなくてはなりません。
薬はどのようなものでも良い効果と悪い効果がありますから、それぞれを知った上で活用できるようにしましょう。